てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   2 comments   0 trackback

Day52 (August.11.2010)

〈今日のセブアノ語〉
Naglibug ko...(なぐりぶぐ こ)
困惑してます…
IMG_7624.jpg

今日はタンハイサウスセントラルスクールの3年生の授業を見学しました。
今週末から来週にかけて、アチーブメントテスト(日本で言う到達度調査)が行われるため、
範囲を必死で終わらせていました。
日本でも同じような境遇はありますね^^;

今回の話は、
Factor that affect your growth
Other factors that affect your growth
の2単元。
上の方は遺伝の話が出てきます。成長の違いには遺伝によるものと生活環境によるものがあることを
子ども達が学びます。
一方下のほうは、3大栄養素(Grow food,Go food,Glow food)の学習です。

これ、小学校3年生です。
フィリピンではこれらは3年生で覚えるべき知識とされています。
時間が無い中で、先生は少しでも子ども達に生活体験と結び付けさせようと、
クラスの同じ年齢の2人(フィリピンは留年も普通にあるので…)を抽出して、以下のように進めました。
T; J and M please stand up two girls! Which is taller?(close question)
T; J is shorter than M.
S; M is taller than J.
T; Yes, M is taller than J.
2’50”T; why is it that they are not the same? (Open question)
S ;( talking a lot of reasoning)
S; No! My mother is short! (Connecting with fact)
T; Maybe Father of M is tall. Because of …
S; Heredity!!
T; Yes, Heredity.
この後、生活環境による違いもある可能性があることを話していました。

学校長からレポートの提出を求められているので
これらのことをA4一枚にまとめて学校長と先生に渡せるように、考えていきたいと思います。
でも…分からない理科用語がたくさんあるので、調べていかないと。。。
授業聞きながら、自分が困惑してしまいました(笑)

一つの授業を見ると、本当に疲れます。
早く寝ますZzz…


Ayo-Ayu!!
スポンサーサイト

Comment

ホン says... "salamat kaayo!!"
>miyabenさん
そうですね。現地の先生達が何を困っているのかをまずつかんでいきたいですね。自分の感覚では「これは何とかしないと」思うものも、現地の人々は特に困っていると感じていなかったり、その逆もあったり。
miyabenさんの授業黒板を見て刺激を受けました。がんばります。
2010.08.17 00:10 | URL | #QUpKvNvo [edit]
miyaben says... "むーる たう ぴばーっ"
どの学年も難しそうな勉強だねえ、先日の記事の理科といい・・・。わたしの小学校は理科や算数の時間は先生が教科書の内容を黒板に書いて、読んでおしまいだから、子どもが全く理解してないみたい。ていうか、先生が理解していないんじゃないかな・・。どうしたものでしょう・・・。
ちなみに、クメール語で困惑は「ちょろろーむ」
2010.08.14 18:19 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hakky00.blog118.fc2.com/tb.php/52-dd0dbda9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。