てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

TANBACAN E.S June.2011

ありゃ、もう4ヶ月も前から、学校巡回報告がとまってる・・・。
ちょっとずつ、このセミスターブレイクを使って書いていきます。

タンハイ市の中心部から海岸線に向かってトライシクルで約5分。
タンハイの街の人々からBOULEVARDと親しまれる海岸線沿いの近くに、TANBACAN E.Sはあります。

TAM1.jpg
TAM2.jpg
「OK, Good Job!」
学校の先生方と、子ども達が活動しているときに、
子ども達全員の様子(たとえばノート、活動のときは何をしているのか)を一度は見ることを意識的に行っていくことにしました。


TAM4.jpg
また、このサラビア先生は、板書を整理することを意識して授業を行うことにしました。
P7113507_20111026172756.jpg



POST-Conferenceでは、
大きく話題になったことのひとつとして、
上記にあげたサラビア先生の板書についてあがりました。

「黒板、見やすいですね。」
「絵と言葉の組み合わせは大事。」
「でも、常にカード(黒板にはっているもの)準備をすることができない。」
うーん、厳しいかなあ・・・と思っていると
「絵の横の文字、チョークで書いてもいいね」

そうそう!全部準備する必要ない。
そんな先生方のちょっとした気づきが、本当に授業を変えていく。



TAM7.jpg

1つの小さな気づき

こそ、

大きな一歩。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hakky00.blog118.fc2.com/tb.php/299-9aedd3dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。