てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

JACINTO AGUILAR Memorial School その2 理科。

5年生の理科は生殖器官の学習から始まります。
教科書の最初の見開きページは・・・
P6140474.jpg
P6140475.jpg
これを見たときは衝撃的でした。

そして、授業。
P6140470.jpg
今回は、女性の生殖器官の図を子ども達に黒板に書かせ、正しく覚えているかを確認する授業でした。

この授業について、その後の話し合いで、
担任の先生、校長先生とかなり議論になりました。

単に言葉や働きだけじゃなくて、この単元を通して目の前の子ども達に伝えたいことは何か。

そこで、子ども達に自分が生まれたことが奇跡的であり、自分の命を大切することを
子ども達に学んでほしいということになりました。

P6160551.jpg
そこで、先生と相談して以下のような授業を組み、先生と私の共同で取り組みました。
1)ノートの右側に小さなひとつの丸を書く。
2)ノートの左側にドット(・)を2分間でできる限り書く。
3)何個かけたか聞く。(一番書いた子で274個でした。)
4)実際は書いたドットの何万倍、約300,000,000個の精子のうちのひとつ(ノート左)と、1個の卵子(ノート右)が出会って、あなたが生まれた。
5)どう感じたかを発表する。

子ども達にとって、特に5のどう感じたかを発言するなんてことは普段の授業ではまずないので本当に戸惑ってました。
先生は、どうしても自分が’価値付け’なければならないという思いが強いようで、最後は先生が「そうでしょう」と押し切ったような終わりになりました。
ひとつ感じた、先生が”奇跡”について話した後の、

いつもと違う一瞬の子ども達の沈黙。

何を考えていたのか・・・。


今回の経験のみならず
今5校の訪問を終えて、
考えたことがあります。
P6150490_20110717140837.jpg

P6150488_20110717142914.jpg


P6150493.jpg
上の3枚は、6年生でデモレッスンをやった時の一コマです。
一人の子の胸部の上に紙を置き、実際の心臓をイメージしながら描くことで
心臓の部位のはたらきを覚えます。

でも、
基本的に、生殖器官の図を描くにしても、心臓の部位のはたらきを覚えるにしても、
なんだか同じような気がしてなりません。
そこに「正解」がある。
現地の先生方のめざすものは、知識をいかに効率よくつけるかということです。
4択テストで子ども達が点数取れればいい理科の授業。取れなきゃだめな授業。

理科ってそんなものかな?

自分の理科好きの一つは、中学生の頃の理科授業が元。
今言われている東海地震は本当に起こるのか?というテーマで本を探し、研究所に出向き、夢中になって考えた。
カップめんの裏蓋と針使って、簡易蓄音機を作ったものの、なかなか聞こえずに明け方になるまで何度も試した。
蒸留の授業のあと、海水から真水を作ろうと、海水汲んできて試してできた水を一気に飲んだら、激マズで吐いた。
・・・どこにも正解が書いてあるわけじゃなかった。

わくわくするような不思議なこと、面白いことがいっぱいあって、理科がほんとに好きになった。
まだまだ自分も「ほんもの」には遠く及ばないけど。
英語という世界で戦える大きな武器をもっているフィリピンの人たちは、まだまだ可能性がある。

テストはテスト。言葉を覚えることも大事。
それはほんの一つの側面。その側面だけにフォーカスした授業提案は危険。
理科の奥深さはもっと別にたくさんある。

理科。


P6160553.jpg
そんなこと、任地の先生方ともっと語りあっていきたいです。
もやもや、でも、楽しくもあり。




最近、脳科学者の茂木健一郎さんのツイッターが気になっている、
ほんでした。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hakky00.blog118.fc2.com/tb.php/252-609198e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。