てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day (Feb.3.2011) 会話すること ~続・Iloilo研修 with 北澤豪さん~

先週、SAMURAI6の研修会を行ったIloilo州にあるサンタバーバラ地区で
各学校の理科・算数主任の先生方対象に、理数科教育改善の研修会を行いました。

BAGONGルールのことから、デモレッスン、サイエンスショーと3時間のプログラム。

P2030550.jpg
この中で、面白いことが起きた。
T隊員の、かけ算デモ授業。
2の段の答えを先生方に言ってもらう。

2×7=14

これを、その生徒役の先生が
「2×7=16」
と答えた。


まさにイレギュラー。

会場はどっと沸きあがる。


そこでT隊員は、すかさずこの生徒をフォローする言葉をかけた。
たしか「いいよ。まちがえはだれにでもある。もう一度確認してみよう。」
(ごめんなさい、時間が超過し、正しい言葉を思い出せません。)


ここで、
生徒役の先生とT隊員との間で対話が生まれ、

参加している先生方や私達の間で、
本当の意味での“会話”が少し芽生えた。

すばらしい瞬間だなと感じた。

私が担当したGIVE PRAISEは、この点を取り上げた。
どんな気持ちでしたか?の問いに
その先生は、HAPPYと答えた。
その後、話を聞くと、
先生にこう言ってもらえることで、とてもうれしかったし、
子ども達も自信を保てるのではないかとのことだった。




もちろん発表資料を整え、理路整然と話を進めていくことはとても大切だ。

それを踏まえた上で、
そこから派生する、さまざまな会話にもっと耳を傾け、取り上げることで、
先生方が真に思っていることが、より明らかになっていくかもしれない。


自分にとっては、
よりよい会話のために語学の壁はどうしても越えなければならない。
ただ、その点を意識することで、“伝えた情報”のより深い共通認識につながると感じる。









なお、この研修会には、JICAオフィシャルサポーターである元サッカー日本代表の北澤豪選手が取材に来てくださりました。NGO取材とサッカー教室のタイトな日程の合間にも関わらず、お越しいただきありがとうございました。

Ayo-Ayo!!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hakky00.blog118.fc2.com/tb.php/206-aeb7faa9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。