てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day158 (Nov.25) 実感を伴った理解へ

IMG_0962.jpg
どどどどど。


18校目 JACINTO AGUILAR ELEMENTARY SCHOOL
ナショナルハイウェイ近くにある、小さなバランガイの小学校です。

Grade4 Friction
IMG_0950.jpg
先生と、なぜか他の学年の子ども達が授業参観(@@;

授業の流れは
1.スケートごっこ(一人が一人を滑らせる)を砂利道の上で行い、
「よく滑るのはどこだろう?」

2.子ども達は予想を、実際に確かめていく。

3.最初の砂利道と、一番よく滑ったステージの上を比較する。

4.確認テスト
IMG_0951.jpg
黒板のど真ん中にキリスト様が佇んでいるのは、フィリピンらしい。

それはさておき
子ども達は体験から感じ取ったことを、自分の言葉で表現しました。
子ども達は事象との出会い(今回ならばスケートごっこを通した摩擦について)、そして出会った事象への気づきや疑問(もっとよく滑らせたい、楽なところが他にあるはず、どこがいいかなあetc・・・)、さらにそれらの気づきや疑問を集めて出来上がった問題(よく滑るのはどこだろう?)と考えていきました。
子ども達が実感を伴って理解いくには、まだ程遠いのかもしれません。
積み重ね、たいです。



今日も、実験備品拝見!
IMG_0970.jpg
・・・ヒロ、鍵がなくて開かないわ。


(T-T

鍵が見つかったら、ぜひ連絡ください。


とはいえ、下の戸棚が奇跡的に開いた!
IMG_0968.jpg
・・・使っていない。


出てきた磁石を使って砂鉄集めを説明。
先生早速トライ!
先生が子ども達に教えて、早速子ども達もトライ!!
IMG_0976.jpg
夢中です。


IMG_0977.jpg
こうやって文を作りながら、
自分で改めて「実感を伴った理解」の意味を再確認しています。
一方で、その活動の中で交わされる子ども達の言葉に耳を傾けても、
英語(時にビサヤ語)で語られている豊かな表現をキャッチしきれないのが
とてももどかしい思いです。
子ども達とともに、自分も学んでいきます。






Ayo-Ayo!!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hakky00.blog118.fc2.com/tb.php/155-51a821f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。