てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day138-139 (Nov.4-5.2010) 考えるゆとり

10校目ILAUD Elementary School
IMG_0344.jpg
英語と算数、理科を立て続けに
授業観察・・・というよりも、授業に参加させていただきました(笑)

英語は受身(be+過去分詞)、算数は分数×分数のかけ算、理科は地球環境についての復習

子どもの席に座り、共に授業を受けました。
一緒に問題といて、
一緒に答え合わせして。
隣の席のローズ=アンさんが、よく教えてくれました(^^;ありがとう。


改めて特に感じたのは
どの授業においても、いかに知識を蓄積するかが求められていること。
子ども達もたくさんの知識を覚えようとがんばっているし、
お互いに支えあっている。
先生も歌を歌ったり、勉強が苦手に感じている子を前の席に座らせていたり、
とモチベーションをあげようとする工夫がよくわかりました。


一方で、「なぜそうなるのか」という視点は、重要度が低いように感じます。
たとえば分数×分数
3/5 × 1/3の計算。
図に描いてみましょうと、黒板に描かれたものが↓
IMG_0400.jpg
(@@;え!

授業後に先生と「なぜそうなるのか」を考えて、
日本ではよく面積で考えるよ~って話をしたら、
IMG_0401.jpg
「へえーー」と驚いていました。
「だから3/5×1/3は3/15にもなるし、1/5にもなるのか・・・。」と。
先生も子ども達も
たくさんの情報をインプットすることで精一杯で、
「なぜそうなるのか」を考えるゆとりを、子ども達や先生ともてたらいいなあと思います。






ゆとりって楽をするためにあるのではないと思う。
ひとつは
よりじっくりと悩み、その考えをアウトプットして共に理解を深める
ゆとり。

-ゆとり-

文字で伝えるって難しい。
製作者が精選しようとすればするほど、
それを聞いた人々が異なる意味でとらえることも多くなる。
私も、そんな意味のほんの一握りを感じている、
若しくは、
全く意味していないことを考えているのかもしれない。
だから考え続けていきたい。

・・・自分のフリーハンドももう少しきれいに書けるようにしないとm(_ _)m

Ayo-Ayo!!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hakky00.blog118.fc2.com/tb.php/136-d9e24923
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。