てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day108 (Oct6.2010)

duaw ko ug iskuilahan(どぅあう こ いすくいらはん)
小学校訪問!
20101007 018

なかなか更新できずすみません。

確実に生きています p(@@
最近は、家に帰ってきて、夕飯食べて、ベッドにパタん。という時が多いもので・・・。

いよいよ、タンハイ市内全小学校45校行脚の旅が始まりました!
もうすでに多くの学校は回っているのですが、実際に子ども達や先生方とじっくり話したり、共に時間をすごす事が少なかったので、一日どっぷりその学校に浸かって語り合います。
その1校目 OBOGON ELENMENTARY SCHOOL
DepEDからはペディキャプで10分ほど、ちょっと小高い丘のバランガイ、オボゴンにある小学校です。

1.jpg
Grade5 Physical Change
5つのグループに分かれて、それぞれ異なる活動をしていました。
ゴム 引っ張ると 長くなる 
バーベキュースティック 折ると 短くなる
紙 3回切ると 小さくなる
ピーナッツ つぶすと 小さくなる 粉々になる
鉄の棒 折ると 小さくなる 
このように、大きさや形が変わっても、元の物自体は変わらない。これを状態変化という。

20101007 025
Grade4 Melting
演示実験 どちらが早く解けるか?
?固形状の洗剤と、粉末状の洗剤を水に溶かす
?大粒の塩と、小粒の塩を水に溶かす。
?固形状のチョコレートと、粉末状のチョコレートを水に溶かす。

溶かすには、かき混ぜたり、細かくしたりすると早く溶ける。


これらの実験や観察は「アクティビティー」と呼ばれています。フィリピンの先生方はこのアクティビティーに使える教材教具を知りたいと言っています。ただし、これまで授業を見てきて、タンハイ市の先生方が知りたがっている「アクティビティーに使える教材教具」が少しずつ見えてきました。
フィリピンでは、アクティビティーをかなり計画的に、かつ結果が確定的になるように組み込まれています。そのため、アクティビティーが成功するように、先生方は指示を出すカード作りに力を注ぎ、どのような手順で行うかの説明に時間をかけます。この努力には本当に頭が下がります。そのため、アクティビティーが始まった段階で、先生方の役割はひとまず終了しているのだと思います。正確な“答え”が出ないと、アクティビティーの意味がないと考えています。
例えば、Grade4の授業のあと、「グループごとにコップと固形の塩を分けて、どうすれば早く溶けるかなって投げかけてみたらどうですか。溶かすためにどうすればいいのか様々な意見を子ども達は考えると思いますよ。それを先生がまとめて・・・」と提案してみたところ、授業の全くイメージがわかないようでした。
この授業に対する考え方の違いは、とても大きいと考えています。確認テストでよい点は取れたのか、そのために先生は何をしたのか「教師目線の見方」が、強く問われているのです。ここに、子ども達目線の見方を取り入れていけるかが、今の目標です。


Ayo-Ayo!!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hakky00.blog118.fc2.com/tb.php/108-468413f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。