てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day156(Nov.23) 子ども達との距離感

サトウキビ

時々

椰子。
IMG_0785.jpg



16校目DONA LORETO L.MAPA MES
昨日のDON PLACIDO ELEMENTARY SCHから、さらに奥へ2kmほど
サトウキビ畑のど真ん中、DONA LORETO L.MAPA MESです。

Grade5 Electricity, Parallel & Series Circuit
IMG_0779.jpg

授業やってきました・・・が、
写真が1枚しかない!
授業の目標として、与えられたものが

直列回路と、並列回路と、通電している回路と、通電していない回路を一時間で教えてくれ、と(@@;; ドウシヨウ・・・。

ちなみに日本では直列・並列回路は小4で電気の働きとして約5時間単元、通電している・通電していない回路は小3で電気の通り道として約10時間

ただ単に時間だけでは比べられません。やはり目指すものが異なります。

フィリピンでは、科学的な事象や科学の言葉を知識として、より多くを「習得する力」が求められているように感じます。
日本では小3の10時間の中で例えば、明かりがつく回路とつかない回路の違いを調べることを通して「比較する力」の育成を、小4の乾電池のつなぎ方(変化にかかわる要因)とモーターの動き(現象の変化)を調べることを通して「関係付ける力」の育成を目指しています。

IMG_0784_20101124021024.jpg

授業の流れは、
1「What do you think of if I say “Electric”(“電気の”という言葉からどんなことを思い浮かべますか?)」

2「If you want to close the light, what should you do?(教室の電気を消すにはどうしたらいいだろう?)」

3「What is difference on parallel circuit and series circuit?(並列回路と直列回路の違いはなんだろう?)」
それぞれで、子ども達一人ひとりが意見を出すということでやっていきました。
途中、2と3の間に、自分の体を回路、自分のバックを電子と見立て、直列回路と並列回路を体験するということも試しました。本当なら、模型を作ってやりたい所ですが、それだと、ヒロはそれを持っているから授業ができるんでしょとなってしまうので、むしろ使わずに何かできないかと考えてみました。

う~ん。
できる限り子ども達の発言で授業を進めていきたいです。
授業の中で自分の考えを述べる場が少ないのが現状です。
Yes, Noで答えるのはとても得意です。
だから、1の質問も、そんな子ども達が考えやすい質問を考えるべきでした。
例えば、家ではどんな電化製品がある?電気はどうやって作られるのかな?


子ども達との距離感が上手くつかめませんでした。

はじめて会う子ども達とはいえ、
距離感も大切に
授業作り(と、英語の勉強)をがんばっていきます。



IMG_0768.jpg

本当は、
顕微鏡事件を書きたかったけど、
明日も授業があるので、
もう眠いので
寝ます。

あ(@へ@;; 授業案、まだ作ってなかった!!



Ayo-Ayo!!
スポンサーサイト
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day155(Nov.22)  出力と入力の繰り返し

のびーる、のびーーーる
IMG_0692_20101124015238.jpg


15校目 DON PLACIDO ELEMENTARY SCH

以前、フィリピン国歌のリコーダーについて授業した学校です。
1.Grade4 Soil Erosion
IMG_0686.jpg

土壌浸食について学ぶ授業です。
4つが要因として挙げられていました。
Wind, Man, Animal, Water
そこで、授業後に時間を10分もらって、子ども達と畑に行って山を作り、
これらの要因を実際にモデル観察してみることにしました。

DSC00114.jpg

子ども達から出たアイデアは
モデルの山・・・人、木、を立てる。川を作る。
Wind・・・思いっきり息をはく。
Man・・・ひとさし指と中指で歩く。
Animal・・・がおーと言いながら、山を歩くようにする。
Water・・・上から水を流す。

Occurred Land Slide!!とか、Rolled a big stone!!といった発見がたくさんありました。

日本では、これらの事があたりまえのように行われていますが、
知識・理解が評価の中心となっているフィリピンでは、
このような観察を、あまり先生方が必要性を感じていないような気がしました。

というのも、今回のこの授業、
エバリエーションという確認テストの点数はとてもよかった(らしい)ので、

なぜあえてこのような観察をするのか、

しかも、暑い外で!

と、
感じているようでした。




2.ついに解禁?!シャボン玉
シャボン玉を試してみました。
IMG_0733.jpg

=材料=
固体グリセリン1g 液体JOY Aqua 90ml 水300ml
いまひとつ伸び具合が少ないですが、
それ以上に驚いたことがあるのです。

それがこれ
IMG_0727.jpg

わかりますか?子ども達は自分たちで、お手製シャボン玉飛ばし道具を考えたのです。
バナナ(?) の木の細い繊維の先を、くるっと丸めたものです。
飛ばし方も、それぞれ早さを工夫したり、手首の返し方を試したりと
アイデアいっぱい。
それを互いに見て、シャボン液がなくなるまで夢中でした。




3.切る、掘る
切る
IMG_0752.jpg

掘る
IMG_0753.jpg

畑作りしています!(あれ、フィリピノ語の授業は(@@;;;???)
早い、早い。
フィリピンの小学校では、のこぎりの使い方の授業なんてありません。






IMG_0745.jpg

以上、3つのことから考えたこと
それは、
出力と入力。
養老孟司さんの著書『養老孟司の〈逆さメガネ〉』が最近のお気に入りです。
「脳への出力と入力――知行合一と文武両道」を思い出しました。
その中にこんなことが書かれています。
「入力から出力、出力から入力という輪が回転し続けること、それが知行合一なんですよ。(中略〉入力だけじゃあ、ただのスポンジです。水を吸い込むだけ。出力だけでは、ひたすら動き回っているバカ、コントロールの壊れたロボット。」
・・・すみません。ちょっと、はしょり過ぎているかもしれません。


目に入ってきたものや聞いたこと(入力)、それを思考する、実際にやってみる(出力)、そしてそれは、再び目や耳に入り脳に伝わる、また思考し、実際にやってみる。土壌浸食にしても、シャボン玉にしても、畑作りにしても子ども達はその輪をくるくるくる回転させていました。至極当たり前のこととは思いますが、改めてそうやって人は生きているんだなあと感じます。どうすれば、入力と出力の輪をよりよく回転することができるか、自分も考えていかなければなりません。
 

子ども達は、それぞれの入力と出力の輪をめいいっぱい回転させようとしている。
どれだけ
その輪の中に私も関わっていて、回したり止めたりしていることに自分は気づき、
どうやって
その輪を回すアシストしていくことができるだろう。













のびーる、のびーーーる
IMG_0755.jpg
うちの猫。


Ayo-Ayo!!
Posted by HIROKI HAKAMADA   4 comments   0 trackback

Day154-155(Nov.20-21) Dumaguete Adventure Marathon 2010

Dumaguete Adventure Marathon 2010
IMG_0667.jpg
10.5kmに挑戦しました!
スタートはやっぱり、朝5:30(@@;


よーい、どん!

先頭の飛び出しについて行きました。



分かれ道
「あれ?こっちだったっけ??」

聞いていた道とは違う方に曲がる先頭集団。
警備員を見ると・・・

あれ?そっちに誘導?!

ついて行きました。









走り始めて1k過ぎ

ん?
おかしいぞ??
人が少なすぎる。








道、間違えた(@Σ@;;;;;;;;;







結局2km弱余分に走りました。
とはいえ、良かったことも・・・
IMG_0675.jpg
タイム1:01:00
20-29歳の部で8位。
米5kg獲得!


自宅に帰ってママルーシーさんに報告すると、
めちゃくちゃ喜んでました!
これで2週間、うちの食卓は保たれました。




とにかく、つかれた~(@@;
でも、最後まで走りきって気持ちよかった。
よし、来週もがんばろう!!

Ayo-Ayo!!
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day153(Nov.19) 自分が苦手な“整理”

一日の終わりは、担当の子どもが国旗をたたんで整理します。
IMG_0576.jpg
今日は、事務所で書類とアンケート整理。

やっぱり自分の席が欲しいなあ(@@;


IMG_0645.jpg
米のペーストを油で揚げた物。
に、
砂糖たっぷり(@@;;

ずっとパソコンに向かって整理していたので
疲れた頭にガツーンとおいしい。


でも
適度に、

しよ。




Ayo-Ayo!!
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day152(Nov.18)  じっくりと、待つ

今日もてくてく歩きます。

IMG_0556.jpg



14校目 Sta Cruz Elementary School
Grade6 地震の前、中、後
IMG_0548.jpg
フィリピンの理科は、Science & Health です。
だから、地震の学習の中で、
地震の前はどのように準備をしていくのか、
地震の中はどうやって身を守るのか、
地震の後はどう振る舞うべきなのか。
を、
英文で読んでいました。

知識として得たものを
をどう生かしていけるのか。







そして、今日は
高校の授業も見る機会を得ました。
タンハイ市内の高校理科の先生で、よくお世話になっているエドガー先生。
元々専門は数学!
だからこそ、理科の実験道具のことも学びたい
と、積極的に取り組んでいる先生です。

4th 光 ~分光~
IMG_0557.jpg
最初は教室で、その後プリズムの説明を簡単にして、すぐに外へ。

IMG_0560.jpg
生徒「先生、見えないよ!」
先生「探してごらん。例えばプリズムを動かしたり、場所を変えたり。」

IMG_0567.jpg
生徒「先生、5色見つかった!」
先生「ん?本当にそうかどうかよく見てごらん。」

IMG_0570.jpg
生徒「よく見えた!」「7色だ!虹といっしょだ!」

IMG_0572.jpg
エドガー先生の授業で驚いたこと、
それは、






子ども達の発見を待つ姿。







IMG_0574.jpg
片付けも大切にします。






Ayo-Ayo!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。