てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

07/06のツイートまとめ

HIROKIHAKAMADA

今日の夕飯、漫画ご飯にフンバ(豚の角煮)25ペソ、パパイヤサラダ5ペソ。帰宅すると一枚の紙『Hiro u eat the chicken Cari & Utan. I play Majong!』お腹一杯です。川は腰まで増水。サトウキビ畑のおじさん達がバイクを担いでくれました。感謝
07-06 21:14

ROSARIO V MORAS M.S 2日目 昨年度に比べ見易くなった板書、重要な単語と文章の絞込みや繰返し、ノート書き込み。それらを意図して授業作りに取り組むナリーサ先生。逆に、これらが足枷となり子ども達とって分かり難くなる場合もある。自分のものとなるように、共に徐々に深化。
07-06 21:04

よし、今週末は旅に出るぞ。そのためには・・・。
07-06 01:28

スポンサーサイト
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

07/05のツイートまとめ

HIROKIHAKAMADA

今日の夕飯、漫画ご飯にモンゴ(小豆のスープ)20ペソ、肉ボール10ペソ。バイクが増水した川のど真ん中で立ち往生。エンジンかからず困っていると、現れた一人のおじさん。GO!の掛け声で一気に二人で川原に運びました。びしょびしょ、それでも笑顔のおじさん。本当にありがとうございました。
07-05 19:12

Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day354 (Jun.9.2011) ちょっとずつ変えてみよう

P3290478.jpg
強い意志を。私たちはあなたたちを愛しています。
神に信を置きましょう。

ロギー エスタニョさん (ポンロ小学校 校長)

ポンロ小学校も山岳地帯の学校です。
私はまだ訪問できていません。来年までに何とか。





今日、最初に向かった
ARAPILIS E.S といえば、

Day208(Jan.14.2011) 進む道

この日記でも書いたように、サトウキビ畑のガタガタ道を超え、川を超えて行くところにある学校です。

今日は、カウンターパートとここへ向かうことになりました。

カウンターパート「HIRO、今日は別の道から行くわ。こっちの方が楽なの。」
(@@「楽!本当??」
カウンターパート「本当よ。だって・・・





IMG_0080.jpg
川1つだけ超えれば近いから。」
(雨季で水上昇中。ちなみに上の状況を説明すると、奥の川を素足で渡っているのがカウンターパートのマム・シプロンで、
バイクで川を横断すべく素足で準備しているのが、カウンターパートの旦那さんパパ・チャーリー。)

帰りはさらに増水してギリギリだった~バイクよ、ありがとう(@@;


さて、本日一校目のARAPILIS E.S
理科授業を見学しました。
Grade4 Identify some bones that make up the skeletal system
IMG_0083.jpg
授業後の振り返りの中で、
「昨年までは、教科書で読むだけだったけれど、
この前の研修をふまえて、
骨の分類を表にしてみたの。どうかな?」
と話して下さいました。
IMG_0088.jpg
表にすると、余計な言葉が抜け、
子ども達にとって新しい単語が理解しやすくなること、
一方で、わかりやすくなる分、本当に正しいか、
大事なところが抜けていないか、吟味が必要なことを互いに話しました。
また、筆記体を本当に子ども達が理解しているのか、
そこも先生は気にする必要があるように思いました。

IMG_0090.jpg
夏のワークショップを通して
少しずつ、先生方の中で「ちょっと授業を変えてみよう」という気持ちが生まれていることを、
私はとてもうれしく思います。
それが見えただけでも、今週の学校周りは大きな意味がありました。
そんな気づきと考え、そして授業での実践をサポートしていきたいです。


IMG_0099.jpg
いえいっ(@▽@

IMG_0114.jpg
MARALAG E.S に行くと、今日はステージ前コンクリート化記念式典でした。
テープカット y(@u@


Ayo-Ayo!!
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day208(Jan.14.2011) 進む道

進む道は?

P1140322.jpg
川の中。
こうやって、毎日先生方は通勤しています。

22校目 ARAPILES Elementary School

校長先生に、日本の学校や教育体系、SAMURAI6で提案している指導法について紹介とディスカッション。
P1140274.jpg
SAMURAI6で提案している指導法について、
具体的に授業で見せてほしいとのことになり
急遽飛び込み授業決定(@@;

Grade6 Wind System
P1140276.jpg
まずは現地の先生が授業をやって、その続きを私がやるというもの。
特に、Board Workに焦点をあててみました。
現地の先生は、はじめに今日のトピックを書き、
そのトピックの意味を子ども達が正確に理解しているかその場で子ども達に尋ねながら確認。
What is "Wind"?
子ども達の発言を黒板に記入。
少しの事ですが、子どもの発言を黒板に書くということはなかなか少ないのです。


授業のあとで、学校の先生方が強調していたのが
"Same Strategy"
私たちがやっていることと同じだわ!と何度も何度も。
実際に同じというよりも、
違うと指摘されることをとても怖がっている様子。

これは、難しい。

受け入れてもらえているようで、
実際のところは、どうなのか。

同じなのか、違うのかということが問題なのではなく、
子ども達にとって、よりよくするためにはどうすればいいのかを考えていく必要がある。
授業研究の機会が少ない任地の先生方にとって、とても大きなハードルです。



P1140320.jpg
任地の先生方と自分も共に成長できる存在でありたい。
授業を互いに見合うことで、
自分が進む道が
少しずつ明確になっていく。

Ayo-Ayo!!
Posted by HIROKI HAKAMADA   3 comments   0 trackback

Day58~59 (August.17~18.2010)

〈今日のセブアノ語〉
Kasakit ug kalipay, yayongan tang tanan!
(かさっきと うぐ かりーぱい やよんがん たんぐ たなん)
悲しみと喜び、みなさんに幸あれ!
IMG_7885.jpg

校長先生の転勤!
・・・あれ、この前もやっていたような。
そう、フィリピンでは、学期初めだけでなく、準備ができしだい随時交代が行われるそうです。
そこで教育長から、
「Hiro Kanta!」ということで、セブアノ語クラスで練習した、歌を歌うわけです!
この歌は結婚式の歌で、2人の幸せを願う歌です。
どうやら、最後の一節(↑)、原曲はduhaなのですが、
ここにいる全員を祝福ということでtananに変えて歌ってます。

結構、受けがいい(@▽@)


ここ2日ちょっと疲れ気味・・・。
仕事の道筋がなかなか見えないのが不安。
そりゃ、まだ3週間だしとは言うかもしれませんが
やっぱり、何しようか迷っていると、それだけで疲れてしまいます(^^;


ぼちぼち!

あ、昨晩はものすごい雨と雷でした。
朝、雨は止んだのですが、まだ停電続行中です。
さすがに近くに雷落ちたときは飛び起きましたが、
そんななかでも、爆睡できたので、まだ大丈夫かな(笑)



Ayo-Ayu!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。