てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day169 (Dec.6) 必ず、戻ってきてくれ。

IMG_1352.jpg
遠足ではありません。

れっきとした
先生たちの出勤風景です。

トラックの荷台です(@@;


IMG_1349.jpg
山場の学校の先生方は
月曜日の朝早くに集合し、
このように市のトラックで各学校へと運ばれていきます。
そして、一週間は学校で寝泊りし、
授業を行います。



IMG_1356.jpg
がーた、ごーと。
もちろん、砂利道。舗装なんてしてません。

IMG_1397.jpg
2時間後、到着~。

PAL-IW HIGHSCHOOL

早速、私の仕事に取り掛かる。
理科の実験道具の使用調査。
IMG_1358.jpg


IMG_1365.jpg
!!

IMG_1374.jpg
!!!

IMG_1366.jpg
レンズセット

IMG_1373.jpg
虫眼鏡

IMG_1370.jpg
体積の関係を調べる道具

IMG_1371.jpg
ストップウォッチ

IMG_1369.jpg
道具修理用品





ここで、理科の先生方に質問。
「これ、何に使うと思いますか?」
IMG_1376.jpg
・・・しょうゆ皿に良さそうね。

料理はしません(T-T



「次は難問、これ、何だと思いますか?」
正解:フェナキスティスコープ(Phenakistiscope)
アニメーションの元になった機械です。
IMG_1393.jpg
・・・ピザを切る!

お願いします。料理から離れてください(TーT









右側、校長先生。
一緒に実験道具をとりあえず、箱から出してみます。
幾つかは、実際に使ってみました。
IMG_1391.jpg
これらの実験道具はSEDIP program(Secondary Education なんとか かんとか Program)
という国の施策で、4年前に配られたものです。
そして、
ほとんどの先生方が理科専門ではないため、(であっても、)
使い方がわからず、
箱に入ったまましまわれています。
特に山場の学校に顕著です。



IMG_1399.jpg
帰りのトラックには、
商売をするためにタンハイ市街に下りる人たちを乗せていきます。
















数学専門の化学担当教師
「実験道具を使いたいが、全くわからない。

必ず、戻ってきてくれ。」


必ず、戻ってきます。

Ayo-Ayo!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。