てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day149(Nov.15) 道具はあくまでも、道具

12校目 Tanjay South Central Elementary School

IMG_0520.jpg

やっぱり、自分は、元気をもらってる。


Grade4 Fraction
IMG_0518.jpg
摩擦についての学習。

今回この先生は、一人の子どもを前に出させて
いすを押して床を滑らせ、よく滑ることを確かめ、
そして、もしこれを凸凹のところで滑らせたらどうなるか想像させていた。

摩擦を考える上で、
椅子というアイデアは
自分も思いつきませんでした。
現地の先生方も、身近にあるものでなんとかしようとしています。

こういうアイデアを共有していける場を作りたい。




ただ、

教材は、あくまでも道具。
自分も作って満足してしまうことがある。
せっかく身近にあるものを使うのなら、
子ども達一人一人が使って、触って
考えるように授業を組みたい。




上の飾りは、ママルーシーお手製クリスマス飾り。
IMG_0521.jpg
下の植物は、庭で生えた大きなショウガ。

Ayo-Ayo!!

スポンサーサイト
Posted by HIROKI HAKAMADA   2 comments   0 trackback

Day95 (September.23.2010)

〈今日のセブアノ語〉
OK lang!! (オーケーらん)
OK!!
IMG_9218.jpg
そば! 食べました。
マンフヨッドのM隊員、ごめんなさい。
バイスのT隊員と、うちのママと食べました。


フィリピンに来て、
初!
理科の授業(3年生)、
やりました!!

まず、一言。
スッキリ~p(@@

次に、一言、
難しい~(@@;;

カメラを自宅に忘れたので、何も写真がありませんが、
コメントのみでご想像くださいm(_ _)m

=授業のめあて=
植物の全体を観察することを通して、植物には根・茎・葉の共通の部分があることを理解する。花や種をつける植物もあることを理解する。根は水分を吸収し、茎は水分と栄養の通り道であり、葉は光合成によってエネルギーを作っていることを理解する。

理解する

理解する

理解する・・・のオンパレード(笑)
これを60分でやってね、と言われました。(@@;え”

授業構成
導入:人の体で共通な部分ある?

前の単元が、人間の体でした。
そこで男女1人ずつが前に出て、まずは人間の中で共通な部分を考えました。
目、鼻、耳・・・

学習課題:では、植物には共通な部分ってある?

ここで子ども達の行動とは、

一斉に教科書開く!
そして、答え探す、探す!!
最初に「今日は教科書使わないから、鞄にしまっておいてね」と言ったんだけど、
取り出して探す、探す、探す!!
さらに、見つけるのが早い。
根、茎、葉

それだけ???

しーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。

(@@;
ここは予想のところだから、自分が考えたことを言っていいんだよ。
花 種 実 

かく言う自分も、よくスペルが分からなくなるので
子ども達に、「スペル教えて!」と言うと
S-T-E-M stem
と全部丁寧に教えてくれました。私も子どもから学んでいます。


学習問題(?):植物の共通な部分を見つけよう!
観察ノートの作り方を教えました。
・今日の学習問題
・日付 天気 名前
・スケッチ
・気づいたこと

そして、グランド(野原?)に行き、根こそぎ草を取り、持ち帰って観察。

開始1分
「できた!」

(@@;え?  
スケッチをする、ということがこれまでなかったようです。
今回はこのスケッチ指導でかなり時間をとることにしました。
根っこをみてごらん。本当に一本かな?
---だんだん分かれている!
---細くなっている!
そういえば、どの学年でも、教科書の絵や先生の絵を写すことはよくやっていても、
実物をスケッチするということは見たことがありませんでした。

じっくり観察し、発見する楽しさ。

これも、今後の活動テーマの一つとなりそうです。


後で先生に聞くと、私達とは授業の構成が違う、と。
疑問→予想→観察→結果→考察
の流れで進めていきました。
「教科書を読みながら進んでいく、フィリピンのスタイルとは違う。」と。
私はこのような流れをできる限り授業で取り入れて、黒板に書くように心がけています、と説明しました。


違い


今回は違いがとても強調されてしまったような気がします。



今日はぐだぐだと、まとまらず書いてしまいました。
最後に、
反省ばっかりの授業でしたが、
気持ちはすっきりです!
自分がやろうと思ったこと、
納得ができるようにやる。
バットを思いっきり振って
特大ホームランor空振り三振!

今日は空振り三振

でも、
思いっきりやったから、
反省はたくさんあっても、
スッキリ。
生かして、あしたへ!!



Ayo-Ayo!!
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day65 (August.24.2010)

〈今日のセブアノ語〉
Suwayan nato ni. (そわやん なと ね)
やってみよう!
IMG_8285.jpg

5年生の葉っぱの表皮を観察する授業で、
先生が5セント玉虫眼鏡を使って下さいました。
5セント玉虫眼鏡はこちら

よかった~。
今度はもっと倍率高く、しっかり気孔を見られるようなものを
作りたいなあ。



初授業をやることになりそうです。
しかも、
音楽

リコーダーやることになりました^^;
IMG_8296.jpg
彼はビージェー。教育事務所の技術員です。
私が笛の指使いをマニラペーパー(フィリピン版模造紙)書いていたら、彼が「できることある?」と尋ねてきたので
リコーダーの説明したら「よし、俺に任せて!」と描いてくれました・・・しかも、さすが上手!
本当に嬉しかった(><)
こんな人と人とのつながりを感謝の気持ちをもって大切にしたいです。

IMG_8298.jpg
しかも、国歌を教えてほしいということになりました。
楽譜を作ってみたけど・・・

どうなるか分かりませんが、やるしかないでしょ p(@へ@


Ayo-Ayu!!
Posted by HIROKI HAKAMADA   2 comments   0 trackback

Day64 (August.23.2010)

〈今日のセブアノ語〉
Nisulti sila bahin sa environment.(にするてぃ しら ばひんさ エンバイロンメント)
環境について話しています。
IMG_8215.jpg
今日のセブアノ語にだんだん英語が侵食しています。
というのも、フィリピンの理科・算数教育は英語で行われるため、
なかなかセブアノ語で書きづらい^^;

オパオサイエンス小学校6年生のアクティビティーです。
資料から必要なことを抜き出したり、
それを歌や劇で表現したりするのが、得意な子ども達でした。
一般的に、歌や劇で知識を覚えようという傾向が強いように思います。

IMG_8213.jpg
ぜひ、この子ども達の考えを聞いてみたいです。
調べたことは大変よく分かったので、
これを調べてどんなことを考えたのか、
また、友達のものを見てどう考えたのか、
その辺りを探っていくと、子ども達が何を考えて授業に臨んでいるか見えてきそうです。


IMG_8239.jpg
続いて、5年生。

IMG_8243.jpg
なんと、光合成の仕組み!
先生方の作る資料や掲示物には本当に驚かされます。
フィリピンの教員は6年生の先生なら、ずっと6年生の先生、という方式のため、
どんどん作りだめができると言っていました。
それにしても、先生方の資料作りの技術はとても高く感じます。


今日は遅くなってしまったので、この辺で。
詳しい分析は明日にします。


最後に
IMG_8209.jpg
こちらフィリピン版、前ならえ。
前の人の方を持ちます。


Ayo-Ayu!!
Posted by HIROKI HAKAMADA   2 comments   0 trackback

Day52 (August.11.2010)

〈今日のセブアノ語〉
Naglibug ko...(なぐりぶぐ こ)
困惑してます…
IMG_7624.jpg

今日はタンハイサウスセントラルスクールの3年生の授業を見学しました。
今週末から来週にかけて、アチーブメントテスト(日本で言う到達度調査)が行われるため、
範囲を必死で終わらせていました。
日本でも同じような境遇はありますね^^;

今回の話は、
Factor that affect your growth
Other factors that affect your growth
の2単元。
上の方は遺伝の話が出てきます。成長の違いには遺伝によるものと生活環境によるものがあることを
子ども達が学びます。
一方下のほうは、3大栄養素(Grow food,Go food,Glow food)の学習です。

これ、小学校3年生です。
フィリピンではこれらは3年生で覚えるべき知識とされています。
時間が無い中で、先生は少しでも子ども達に生活体験と結び付けさせようと、
クラスの同じ年齢の2人(フィリピンは留年も普通にあるので…)を抽出して、以下のように進めました。
T; J and M please stand up two girls! Which is taller?(close question)
T; J is shorter than M.
S; M is taller than J.
T; Yes, M is taller than J.
2’50”T; why is it that they are not the same? (Open question)
S ;( talking a lot of reasoning)
S; No! My mother is short! (Connecting with fact)
T; Maybe Father of M is tall. Because of …
S; Heredity!!
T; Yes, Heredity.
この後、生活環境による違いもある可能性があることを話していました。

学校長からレポートの提出を求められているので
これらのことをA4一枚にまとめて学校長と先生に渡せるように、考えていきたいと思います。
でも…分からない理科用語がたくさんあるので、調べていかないと。。。
授業聞きながら、自分が困惑してしまいました(笑)

一つの授業を見ると、本当に疲れます。
早く寝ますZzz…


Ayo-Ayu!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。