てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day358(Jun13.2011) 今あるもの、ある場所をどう生かしていくか

P3300494_20110623102819.jpg
日本のみなさんへ。
私たちの全能の神に祈ります。
偉大な神は、力強いご加護の元、私たちを守ってくれます。

(ホームステイ先のママさんです。)



各学校にある理科備品の調査
リストを作り始めました。
P6130411.jpg
こちらは理科室。実験道具は残念ながら使っている気配がありません。

日本でどうして理科室を使うのだろう。
と考えたときに、
1、水を使う。
2、火などの熱が出るものを使う。
3、ガラス器具を使う。
4、さまざまな実験器具を用いる。
などが考えられます。
普段とはちょっと違う場所で勉強するドキドキ感もあるでしょうか。
ただ、
理科をやるから、理科室を使うのではないように感じます。
まとめの活動や話し合いを進めていくときは、むしろ理科室よりも教室の方がやりやすいこともあります。

理科室がほしい!という声はよく聞くのですが、
どうして?と聞くと、「実験ができるわ。」という答えがよくあります。
どんな実験をやりたいの?と聞くと、なかなか先生方の中で具体的なイメージがわかないようです。
単元を見ながら、どんなことからできそうか、どうすれば生かしていけるか先生方と考えています。

実は・・・
理科室が、公式なパーティー会場に使われている場合がよくあります。
理科室でご飯食べたり、おやつ食べたり・・・。
なぜか。
そう、水場があるからです。

ものがほしい、場所がほしい、その気持ちもわかります。
自分だって、こんなものあったらもっと授業で使えるのになあと思い浮かべます。
それをふまえた上で、まずは今できることを考えていきたい。


P6130428.jpg
今あるもの、ある場所をどう生かしていくか。
が、今のキーセンテンスです。


Ayo-Ayo!!
スポンサーサイト
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day351 (Jun.6.2011) 新たな始まり =2011-2012 school year=

P3280475.jpg

パリウ高校の教員とスタッフに代わり、
津波にによる全ての被災者の皆さんがこれから復興し、
どんな困難にも乗り越えることができるように祈りを捧げます。
神は常に日本の皆さんに道を示してくださるでしょう。

チェーンチェーン (パリウ高校)
メア (パリウ高校)

パリウ高校の先生方は、毎週月曜日の朝4:00に市役所の前に集合し、
ダンプカーの荷台に乗り、3時間かけて学校へ向かいます。
そして、金曜日まで泊り込み、また山から下りてきます。




Maayong Hapon!!

ブログ更新が止まっている間にも、
たくさんのメッセージや手紙、ありがとうございました。
さまざまなことがあったこの数ヶ月間ですが、
こうやって、任地タンハイ市で新年度を迎えることができました。
ブログも再開していきます。

たくさんの支えに、本当に感謝です。
あと10ヶ月、精一杯がんばります。

袴田博紀 (ヒロ)



さて、新年度の初めは入学式や始業式があるのか・・・
と思いきや。

IMG_0001.jpg

いたって、いつも通り。


私も、今後のスケジュールと活動報告作りに専念しました。

と事務員のヴァージンの子ども、フェベ(5年生)が学校から帰ってきました。
フェベ「HIRO! 理科の宿題教えて。」
(@@「いいよ。どんな問題?」
フェベ「What is a science process?」


(@@;;「・・・えっ?!」






辞書などフル動員して、一緒に宿題。

質問(Ask Question)

背景の調査(Do Background Research)

仮説(Hypothesis)・・・日本で言う「予想」はなんて言えばいいのかよくわからない。

実験(Experiment)

結果と考察(Analyze Results, Draw conclusion)

仮説が正しい(Hypothesis is true)
or
仮説が正しくない(Hypothesis is not true)→考え直して、挑戦(Think&Try Again)

まとめ(Report)

IMG_0003.jpg



が、

やはり、その先生に聞きたい。
今日は、1年始めの5年生理科の授業。
この宿題の意図は何なのか。
(たぶん・・・指導書にそう書いてあったから。(T0T )


これからの一年間も、やりがいがありそうですp(@▽@


Ayo-Ayo!!
Posted by HIROKI HAKAMADA   2 comments   0 trackback

Day75 (September.3.2010)

<今日のセブアノ語>
simbahan(しんばはん)
教会
IMG_8663.jpg
プラサ小学校の毎月第一金曜日は、教会のマス(ミサ)から始まります。
子ども達も寄付のものを持って集まります。
司教さんが説話をしたり、歌を歌ったりします。

IMG_8675.jpg
簡単顕微鏡作りを始めました。

IMG_8674.jpg
1.ペットボトルのふたに小さな穴を開けます。
2.そこに、小さなガラス玉を入れます。
3.プレパラート(ペットボトルの一部)に調べたいものをおき、セロテープでペットボトルの口に固定します。
4.1と2で作ったふたをはめて、キャップを回す手順でピントを調節します。

IMG_8673.jpg
うまく写真にとれないですが、だいたい100倍から150倍くらいになります。
参考 ケニス株式会社 http://www.kenis.co.jp/experiment/biotechnology/001.html

手軽で、コスト安くできる。

改良点
1、小さなガラス玉。どうすればそのガラス玉がなくなりにくくなるか。
2、気孔が見やすい植物を身近で見つけることができるか。
3、日本で200円800個なので輸入することも考えられるが、できればこちらで作れるようにならないか。


授業で気孔を虫眼鏡で見ようとしていました。
もちろん見えないのですが、
先生「気孔は見えた?」
子ども達「Yes Maam!」
と答えている子ども達と尋ねる先生。
この子達にも先生方にも、本物を見せたい!
今はその一心です p(@@




Ayu-Ayo!!
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day60 (August.19.2010)

〈今日のセブアノ語〉
hayop(はよっぷ)
動物
IMG_7966.jpg

プラザ小学校4年生「Life Cycle of Animal」の授業を見せていただきました。
アクティビティーとして、教科書を見ながら、一人ひとり動物のライフサイクルを描いていました。

子ども達がノートに描いているのを見て、先生が
Don't forget the title of you drawing!
と押さえていました。

IMG_79680.jpg
ライフサイクル例が
ニワトリ カエル チョウ ハエ ゴキブリ・・・(@@;はえ?ご、ごきぶり?
先生の手作り絵がとても丁寧。
教科書も全員分無いため、先生が描いた一枚の絵がとても大切な意味があります。

IMG_7971.jpg
子ども達も、
先生が描いた絵、教科書の絵を良く見て写そうとしています。

IMG_7975_20100823000139.jpg

IMG_7967.jpg
3種類を描いた子は、先生に見てもらっていました。
授業中に先生と話し、特に、
>昆虫については頭、胸、胴に分かれ、足が胸から6本出ているか
>ライフサイクルが輪になっているか
を、確実に確認することにしました。

子ども達は先生のチェックが終わった子から、
順次帰宅(昼休みは、家に帰って昼食を食べて戻ってきます。)
していました。
ノートが各教科準備できない子ども達もいるので、ノートは集めません。

フィリピンで進められている、やり方が少しずつ見えてきますね。
今、どんなことを子ども達は困っているのか、
先生達は困っているのかを探っていきます。


Ayo-Ayu!!
Posted by HIROKI HAKAMADA   4 comments   0 trackback

Day57 (August.16.2010)

〈今日のセブアノ語〉
magsayaw! (まぐさやう!)
踊る!
IMG_7839.jpg

毎朝、
タンハイ市の小学校では7:30からフラッグセレモニーがあります。
国旗掲揚 国歌斉唱 各種発表 に続いて
学校オリジナルのダンスを踊ります。

・・・ダンスが毎朝の日課となりました(@▽@;
いつの間にか
子ども達の前で
ワイシャツ、スラックスで踊ってます。


最近、プラザ小学校ではやり始めた日本語
「おはよう」
「こんにちは」
「こんばんは」
「ありがとう」
「いいねえ~」

こんな言葉を交わした後、列を作って各教室に向かっていきます。


さて、こんな一週間の始まりは、
週間予定の組み立てと
プラザ小学校のSPEDクラス(日本で言う特別支援教室)
先週見学した授業のレポート作りをしました。

IMG_7853.jpg
タンハイ市に唯一ある特別支援教室です。
アメリカ手話を学ぶクラスを見学しました。
ありがとう(両手で投げキスするような感じ)
どういたしまして(右3本指を右肩→左腹に)
おはよう(片手を口から、もう片方の手のひらに。そして腕から先を上げる。←日の出)
こんにちは(片手を口から、もう片方の手のひらに。そして腕から先を下げる。←日の出)
日本(片目を横に引っ張る←日本人のイメージらしい・・・)
理科(両手を内側から外側に大きく回す)
算数(二本指をとんとんとたたく。)

と、子ども達や担任のパメラ先生に教えてもらいながら、
「○○って日本語でなんていうの?」
と聞いてくる子ども達の気持ちが分かってきたような気がしました。
相手となんとか会話したい、思いを通じ合わせたい、そんな気持ちになると
自然とその手段を学びたくなるのかな、と。



さて、昼休憩時間、教育長より
「祭りに行くよ!」
と誘われ、行ってみると
IMG_7841.jpg
ごちそう!

夕方帰ろうかと思ったら、教育長より
「祭りに行くよ!」
IMG_7856.jpg
ごちそうpart2!

おなかいっぱい、帰るかと思いきや、教育長より
「40days セレモニーに行くよ。」
IMG_7862.jpg
ごちそうpart3!!


肉、


そして

・・・確実に、生活習慣病まっしぐらです。


ごちそうPart1,2は、オボゴン地区のフィエスタ(祭り)です。
地区のフィエスタでは、それぞれの家がごちそうを作り、一日中招待客をもてなします。
一日中?!月曜日だぞ!今日は。。。

ごちそうPart3は、お葬式から数えて40日のセレモニーです。
日本でいうところの、四十九日に似ていますね。
明らかに出てくる食べ物は違いますが。


体調を整えて、明日に備えます(@へ@




Ayo-Ayu!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。