てぃけ・とこ通信

あしたへ・・・Step by step!! 青年海外協力隊 フィリピン・ネグロス島タンハイ市よりの便り
Posted by HIROKI HAKAMADA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HIROKI HAKAMADA   0 comments   0 trackback

Day53 (August.12.2010)

〈今日のセブアノ語〉
Moadto kita sa bukid! (もあっど かみ さ ぶきっど)
(山に行くよ!)
IMG_7709.jpg

と、朝5:30に教育長からテキストをもらい、
7:00出発で山岳地帯の小学校に行ってきました。

IMG_7639.jpg
隣街バイスを経由し、山道を走ること約2時間半

IMG_7642.jpg
LAMWAS E.S.に到着しました。どの学校に行っても、国旗は必ず揚がっています。
一つ一つの建物が、一つの学年の小規模の学校です。
周りに人家がなく、それぞれの家から1時間~2時間かけて歩いて登校するそうです。

IMG_7633.jpg
さらに走ること30分。
途中、田畑を耕すカラバオ(水牛)が至る所を歩いています。
田畑を耕す人々の大切なパートナー、カラバオは、
フィリピンのナショナルアニマル(国の動物)です。

IMG_7665.jpg
STO Nono E.S. とSTO Nono H.S. に着きました。
先の学校とは異なり、比較的大きなバランガイ(集落)です。
2000人ほどがまとまって生活しています。
全校生徒は300人ほどです。

IMG_7682.jpg
空いている時間を使って、葉っぱを使って子ども達に切り絵を教えたり、「What is this?GAME」などをやったりしました。
切り絵は、紙が少ないから葉っぱでできるかな~と初めは不安でしたが、やってみると意外とうまくいくもんです!

IMG_7704_20100813070444.jpg
以前、教育長に「山の学校と街場の学校の格差がとても大きいから、それぞれにあった教育を考えたい」と言っていました。
またこの地を訪れたいです。
帰りもまた3時間弱の旅。ドライバーが、途中でバイス市にとうもろこしを売りに行く人を見つけました。
「乗ってきなよ」
1kg25ペソ(=約50円)で売れればいいなあと話していました。
それにしても、あの山道を車が通らなかったらどうするつもりだったんだ?!

車の荷台で、幾度とホッピングし、背中と尻が痛いです(@O@;
でも、また新たなタンハイ市の一面を見ることができた貴重な一日でした。


Ayo-Ayu!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。